ブログ

  1. 重電(電力設備)は新興国でニーズが大きい?M&Aで販売力向上を!

    産業機械について日本メーカーは常にトップレベルであり、これまで国内外のユーザーに対して信頼ある機器を提供し続けてきました。

  2. 総合重機は価格競争で低迷が続く!M&Aを進めるしか改善できない?

    日本にとって建設業界というのは、戦後長らく経済活動の核として存在してきました。そこでは日本メーカーの多様な重機も使われ、ゼネコンと呼ばれる大規模な建設業が君臨してきた経緯があります。

  3. 産業用機械製造は海外でも問題多し?M&Aはスタンダードの解決法!

    国内製造が著しく低迷している日本の現状を見ると、今後よほど企業に日本回帰の覚悟がないと国内製造拠点の増加は困難であると言わざるを得ません。ただでさえ、日本では少子高齢化が進んでいることもあって、産業用機械の製造を有利な形で進めることは非現実的となっています。

  4. ICカード・チップ業界は懸念も大きい?M&Aにて経営を立て直す!

    現在はリアルな店舗だけでなく、インターネットの普及によってネットでも気軽にショッピングができる時代です。

  5. 太陽電池は価格競争と技術革新が同時進行?M&Aで経営改善は必須!

    最近は投資項目としても当たり前になった太陽光発電。初期投資が高くなりがちな項目ですが、それだけに導入する太陽電池の発電効率は多くの投資家が気にされるものです。ここ数年で太陽電池の製造コストが下がってきている状況が目立ち始め、その背景には海外メーカーによる積極的な製造が挙げられます。

  6. 二次電池業界は競争激化!日本メーカーはM&Aにて現状克服できる?

    電子機器はここ20年で軽量化が進み、どこにいても長く使えるようなタイプが重宝されるようになりました。しかし、場所を問わずに長時間使用していれば、電力消耗が激しくなるのは当然の話です。その場合に、二次電池いわゆるバッテリーと呼ばれるものが役立ちます。

  7. LED素子業界の持つ様々な苦悩!M&Aありきで物事が進んでいる?

    現在、照明類に活用されるオーソドックスなものとしてLEDが挙げられます。LEDは少ない電力で光を生み出すまさにエコなアイテムであり、照明メーカーはまさにこの分野でしのぎを削っていると言っても過言ではありません。

  8. 産業用ランプ・光源は耐久性で収益性が大変化!M&Aの生かし方は?

    生活はもちろん、業務にも欠かせない存在であるランプや光源ですが、近年はランニングコストとして経済的な負担が深刻になる項目として知られるようになっています。普段から何気なく使い続けられている照明類については、多くの無駄が発生するアイテムとなりやすい訳です。

  9. 水晶デバイスは国内メーカーの勢いが陰りに!M&A実施が当たり前?

    腕時計などの長期使用において、一般的に使用されているのが水晶になります。水晶と聞くと通常においてジュエリーやアクセサリーでの使用しか思い浮かばないかたも多いはずです。しかし、水晶に圧力を加えると電流を発生させる特殊な性質があることで知られ、これがクオーツ時計などに積極的に活用されている理由でしょう。

  10. 配電・制御器で成長する新興国!国内製造業がM&Aで可能なことは?

    公共事業などが昔と比べると大幅に減った日本ですが、やはり日本の少子高齢化が大きく影響しているのは言うまでもありません。そのため、電気工事などにおける配電の機会や制御器の使用頻度の減少も深刻化しているでしょう。

ページ上部へ戻る