ブログ

  1. 切削工具も海外製は勢いを増している!M&Aにてどう盛り返せるか?

    日本の急速な工業化を戦後大体的に支えてき各種機械ですが、その用途と言えば一言で言い尽くせないような幅広さがあります。加工機械は特に幅広く、金属の加工もあればプラスチックやコンクリートの切削も専門的に進められるタイプも存在しているでしょう。

  2. 溶接機械メーカーは将来的な経営難リスクも?M&Aで対策を打てる!

    鉄鋼やそれを活用した機械産業は、良質な溶接技術によって支えられてきました。日本メーカーも溶接機械を多く提供し、様々な溶接ニーズに対応してきたのです。しかし、溶接作業は日本国内において次第にニーズが低下していることも事実であり、このことからも国内における少子高齢化による悪影響を見ることができます。

  3. 塗装機械業界はシェア競争も想像以上に!早めのM&Aが勝負のカギ?

    鉄鋼やプラスチックなどの日本メーカーの得意としてきた業界では、その製品の付加価値を高めるために常に巧みな塗装技術を活用してきました。90年代までは塗装技師の手による塗装がかなり多かったものですが、2000年代に入ると機械による塗装が当たり前の時代になってきた経緯があります。

  4. プラスチック成形機械業界の競合の激しさ!M&Aで経営環境も改善?

    長い間人間の生活を豊かにしてきた立役者とも呼べるプラスチックですが、その多様な使い方の裏側には成形機器の存在があります。かつてのプラスチック成型と言えば当たり障りのないオーソドックスなものが多かったものですが、ニーズの多様化によってあらゆる複雑な成形も求められるようになったのです。

  5. 自動巻線機業界も国内企業は不利に?M&Aで市場優位性を有利にさせる!

    電子機器の大量製造がスムーズに進められるのは製造機器そのものが進化し続けたことに他なりませんが、その中でも一貫して特に重要な貢献をしてくれるものとして【巻線機】の存在があります。

  6. 金型の製造コストは激しく低下傾向に?M&Aにて総合的に経営改善!

    現在私たちが手に取る製品の多くは、的確に設計されて商品化されます。しかし、効率の観点から言えばそれを大量に製造できなければ意味がありません。この場合によく利用されてきたのが金型になりますが、現在は日本メーカーによる国内製造よりも海外製造がメインとなっているでしょう。

  7. 工作機械は進化もどんどん速くなる?M&Aにて開発力を強化すべき!

    今では当たり前のように日本人が享受している便利な生活。その背景には、多くの消費物が大量にかつ効率的に製造される点が挙げられます。消費物は食品だけでなく、あらゆる日用品に及びますが、それを実現させているのが工作機械だと言えるでしょう。

  8. 多関節産業用ロボットは良質な売れ筋に!M&Aにて競争力もアップ?

    かつてロボットと聞くと遠い未来のように感じていましたが、最近は少子高齢化の影響もありロボット製造技術は人工知能の進歩も相まって急速に向上したような印象を受けます。実際日本はロボット製造技術もレベルが高く、特に多関節産業用ロボットはオーソリティとも言える中小企業が存在しています。

  9. 風力発電機は値段が勝負?M&Aによる早急な販路拡大が必須になる!

    世界における発電技術はその効率性向上を含めて進歩しつづけていますが、その背景には発電事業への投資熱が高まってきていることがあります。日本でも再生利用可能エネルギーに対する国の補助制度によって、太陽光発電を皮切りに投資ブームが発生しました。

  10. 重電(原子力発電)は世界的にも頭打ち?M&Aで技術転用を目指す!

    日本が高度経済成長を遂げた背景には、重電と呼ばれるいわゆる大型電気機器分野に力を入れてきたことがあります。特に地下資源に乏しい日本では、発電に関しても原子力発電が積極的に推進されてきた経緯があるでしょう。

ページ上部へ戻る