ブログ

  1. ボイラー・バーナーは安全性が重要!M&Aで他社に差をつけられる?

    多くの製品の製造過程にて必ず必要になってくるのが水ですが、常温のまま活用されることもあれば、高温に熱されて活用されるケースも多いでしょう。この場合に製造現場で日常的に活用されるのがボイラーであり、製造用はもちろんのことですが社内の様々な用途のために使われることも少なくないのです。

  2. コンプレッサーの製造競争は激しすぎる!M&Aで市場的優位に立つ?

    製造業と言っても実に様々なものがありますが、いずれにしても製造機器の動力源は重要な存在であり、メーカーとして費用的にも決して簡単には削れない部分になります。数ある工場内の動力源の中でも最もリーズナブルのモノの1つに、電気を利用したコンプレッサーがあるでしょう。

  3. ポンプ機械製造は日本メーカーが品質有利?M&Aで価格制御すべき!

    日本は水資源に恵まれているものの、山間部を多く含んだ複雑な地形を持っています。平野部にお住まいの方であれば感じにくいかもしれませんが、山の手にお住まいのご家庭では水圧などの問題を常に抱えていることも少なくありません。

  4. 水処理機械は海外ニーズが大きい!M&Aで将来的拡販に備えられる?

    島国である日本は古くから水資源が豊富であり、それが日本の経済発展の大きな基礎ともなっていました。また水に関する災害の多い日本ではとりわけ水に対する意識が高かったと言うことができ、それと同時にきれいな水へのこだわりも世界各国に比べても強かった経緯があります。

  5. 運搬機械の購入ニーズは完全に頭打ち?M&Aであれば収益性改善も!

    日本ではいわゆる【箱物】と呼ばれ、公共事業も相まって多くの建築物が作られて来ました。

  6. 化学機械は海外メーカーの勢いが止まらない!M&Aで形勢逆転可能?

    現代日本でも経済の重要な部分として存在している化学工業ですが、1つの化学製品ができあがるまでには多くの工程を通らなければなりません。この場合には当然ながら多くの化学機械が使用され、その各々にて品質管理を徹底した上で最終的に付加価値の高い化学製品ができあがるのです。

  7. 印刷機械メーカーの苦境は深刻に!M&Aだけでは経営改善が難しい?

    電子化の著しいこの世の中において、最も従来からの変化が激しい分野と言えばやはり印刷業界ではないでしょうか?かつては活字を紙上に印刷するのが当たり前でしたが、印刷そのものをしないという選択肢があらゆる場所にて取り入れられています。

  8. 包装機械は低価格化と効率化が悩み?M&Aは業界でも最後の手段に?

    日本は製品の品質だけでなく、包装つまりパッケージングにもこだわる国と言われています。日本メーカーの提供する包装機械は良質なものが多い訳ですが、現在はあるジレンマに悩まされるようになっているでしょう。

  9. 食品機械は効率性が常に求められる!M&Aがその向上にも役に立つ?

    日本の食品に対する安全性は決してパーフェクトではないものの、世界的に見れば日本の食品に対する信頼度は高いと言えるでしょう。その背景には日本メーカーが開発する食品機械の質が高い事情もあって、日本の食品品質は高いレベルに維持されてきたと言えます。

  10. 繊維機械のニーズは日本で低迷の一途!M&Aが少子化対策になるか?

    日本はその昔から繊維産業が盛んであり、いわゆる殖産興業の一役を担う存在でもありました。戦後も製造技術の向上と経済成長が相まって、繊維へのニーズが高まったことで高い収益性を保てるようになったのです。

ページ上部へ戻る