ブログ

  1. ファクトリーオートメーションは日本に主導権はない?M&Aは必須!

    日本は戦前から工場制手工業に大きな強みを持っていましたが、戦後は大量生産の波に乗っていくと同時にいかに効率よく生産できるかを常に考慮しなければならなくなりました。21世紀の現在になりますと、生産の流れも自動化が一般的になってきています。

  2. 試験機の市場は収益性が低下している?M&Aにて状況を打破したい!

    メイドインジャパンという言葉は今では高品質を持つ代名詞として知られるようになっていますが、長期に渡って品質を維持し続けることは決して容易いことではありません。そんな中でも日本メーカーが長きに渡ってそれを可能にしているのは、品質を管理するための試験を徹底的に実施しているからです。

  3. 計量・計測機器は海外企業もパワーアップ?M&Aは現実味を帯びる!

    製造分野で品質管理を徹底するためには、人による管理は欠かせないのは言うまでもありません。しかし、数値的なコントロールを正確に進めなければ品質に繋がらない場合も多く、これには計量や計測を進めなければならないこともある訳です。

  4. 電子部品製造・検査装置業界は混迷の時代!M&Aでの改善しかない?

    現在、デジタルという概念がメインとなった時代ですが、世界を席巻する各種のデジタル機器は一部を除いて低価格化が進んできています。この傾向は、つまりメーカー側としても厳しい状況と言えるでしょう。

  5. 太陽電池製造・検査装置市場は既に飽和状態?M&Aで経営も健全化!

    世界的に見てもエネルギーへの関心は高まる時代となっており、現状を見ると石油などに代表される化石エネルギーに頼り切っていることもあって、その枯渇は産油国などでも大いに懸念されている事態と言えるでしょう。

  6. 半導体・液晶製造装置(後工程)の拡販は困難?早めのM&Aで対応!

    便利で快適な生活とは切っても切り離せない半導体や液晶の存在。

  7. 半導体・液晶製造装置(前工程)の製造は日本も不利?M&Aで解決!

    私たちの日常生活を見渡せば、色んな電子機器が存在しています。特に半導体や液晶などは生活になじみの深いものであり、機械音痴の方であっても毎日接するものかもしれません。

  8. 油圧・空圧機器は品質の高さこそが生き残りの道?M&Aで早期対策!

    日本人の毎日の生活は日々繰り返される各メーカーの生産活動によって支えられており、それだけ私たちは毎日様々なものを消費していることになります。製造活動においてはそのほとんどにおいて機会が活用されますが、その起動に動力源が必要となってくるでしょう。

  9. エンジン業界はエコを背景に激しい競争!M&Aを進めるメリットは?

    1980年代までは世界的に見ても成長が続いていた時代であり、環境や資源に対する意識は著しく低いものでした。日本メーカーが得意とする自動車に関しては、パワーやファッション性が特に重視されてきたこともあって決して経済的に優しい存在ではなかったのです。

  10. 動力伝動装置の高効率性が市場優位性に直結?M&Aで品質の強化を!

    日本が戦後において安定した経済成長を遂げてきた背景には、様々な産業における技術発展が存在しているのですがその中でも現在その最たるものとして挙げられるのは自動車や機械産業と言えるでしょう。

ページ上部へ戻る