ブログ

  1. 信号・交通機器は日本メーカーも劣勢?M&Aで何が可能か先に考慮!

    世界的な交通マナーの良さで知られている日本。その大きな理由として、信号や交通機器の充実以外にも交通法規を遵守しやすい国民性が挙げられます。それでも、日本メーカーの製造する交通関係の機器は視認がしやすいことも特徴で、運転する人間の立場からもストレスを感じにくいことが言えるでしょう。

  2. 貨幣処理機は普及が難しい?M&Aにて拡販が可能でも新たな問題も!

    日本ほど貨幣経済がスムーズで、ストレスなく進められる国はないでしょう。街のあちらこちらにある自動販売機、外国人にとって驚きなのは公共交通機関の中に両替機が設置されていることです。

  3. 自動販売機は新興国市場がカギ!M&Aは日本メーカーに有利に作用?

    日本ではあらゆるところに設置されている自動販売機。かつては飲料水などの限られた商材しか扱われていなかったものの、最近は生活雑貨までに及ぶようになってより楽しみが増すようになっています。

  4. 産業用空調機器はコスト勝負の厳しい時代!M&Aにて先手を取れる?

    ビジネスや住宅に限らず、今の時代は空調機器が決して欠かせない存在となっています。特に産業用空調機器は屋内における快適さだけでなく、製造効率や品質向上を担う重要なものと認識されているほどです。

  5. エレベーターは安全と価格が重要!M&Aにて日本メーカーが有利に?

    日本では高層住宅は都市部だけというイメージがありましたが、現在はあらゆる場所に高層のマンションを見かけることも多いものです。現在は住宅事情もマンションがメインになってきていることもあって、エレベーター設置の需要は極めて安定しています。

  6. 機械式駐車場の発展は長期的品質次第!M&Aによる抜本解決が無難?

    日本は都市部では交通網は発達していますが、地方に行くとまだまだマイカーなしでは移動が不便なエリアも多く存在しています。しかし、今の時代はエリアを問わずに駐車場を見つけるのが難しいことも多く、マンションなどが建てられても駐車場の確保がなかなかできないという現実もあるほどです。

  7. 漁業機器・備品の製造は乱立状態?海外販売をメインならM&A活用!

    水産資源も豊富な日本ですが、近年は環境の変化もあって漁業も簡単な時代ではなくなってきました。つまり、かつては当たり前に獲れていた漁場であっても捕獲が難しくなり、漁業者の長年の経験だけでは操業が難しくなってきたのです。

  8. 農業機械市場は日本メーカーだからこそ商機に?M&Aを上手に活用!

    日本は先進国間の比較を見ても食料自給率が著しく低い国家ですが、日本の農家が生産した農産物はとても評価が高いことも事実です。日本では良質な水資源もあるので、地形的な制約はあっても良い農産物が生産できるのは当たり前の流れと言えるでしょう。

  9. 建設機械業界は新興国市場がメインに?M&Aの重要性がよく分かる!

    従来伝統的な一軒家の多かった日本の住宅市場ですが、1970年代後半から高層住宅が日本全国で建ちはじめ、現在は住宅市場でも多様化が進んできています。しかし、狭い国土を持つ日本で住宅市場が成長してきたのは、人口増加が順調に達成されてきたからです。

  10. その他産業用機械製造は価格競争でも日本は不利!M&Aで早急改善?

    現在の日本における製造業は品質第一であることは変わりがないものの、製造規模も常に大きいものを求める傾向にあります。そのため、自動車や精密機械や食品加工など日本の産業を代表するような分野になると機械製造が主になっていることでしょう。

ページ上部へ戻る