CRO業界のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・モニタリング委託費が抑えられるようになった
・業務ニーズが高くて事務量が非常に増えた
・国内市場だけの業績だけでは将来的に不安
収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
・体力が落ちて来たので、現役から退きたい
・早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

CRO業界におけるM&A・事業承継の現況

製薬会社が製造する薬剤は、開発スタッフの力だけでは市場に出回ることはありません。それは、開発スタッフだけでは、その薬剤の効き目を確認することが出来ないからです。よって、多くの薬剤が医療薬若しくは市販薬として流通する前には、多くの患者さんによるモニタリングが必要となって行きます。

そのモニタリングの進行を一気に管理するのがCROと呼ばれるモニタリングの受注機関になり、彼らは治験を実際に行う医療機関と連携して進捗管理を行っていきます。本来、製薬企業が直接行ってきましたが、コスト高による外注化が進んで1つの業界として定着しているでしょう。

しかし、全体的に新薬の開発費が抑えられている傾向にあって、薬剤モニタリングのマーケットに関しても受注単価が減って行く傾向にあるわけです。このような経緯もあって将来的に収益性がさらに縮小していくことは確実で、中小企業のCROに関しては経営統合などが進んで行く傾向にあります。

特に経営資源が少ない企業体になりますと、M&Aによる事業承継が本格化していくことでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

CRO業界のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
既存人材では裁けない案件を処理してもらえる
・モニタリングの進捗ノウハウを継承してもらえる
・既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を確保することができる
累積債務などを無くすことが出来る

【買い手にとってのメリット】
・提携医療機関の幅を広げることができる
・製薬会社にも医療機関とのネットワークの大きさをアピールできる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 CRO業界の事業売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る