事業承継M&Aの実例

  1. 幾つかの保育事業を展開する企業が、エリア外に本社のある教育事業会社へ事業承継したケース

    F社の概要と業界事情■F社は東京一円で幾つかの認可済み保育園を運営■児童の視点にこだわった保育環境を整備■優秀な保育士養成や安全な保育所運営に高評価■保育園として豊富な経験や運営手法は蓄積してきたが、資金・人材面が理由で将来的に経営が困難になると判断して事業承継を模索ケー...

  2. 供給危機に陥ったブランド農産品の再興のために、製造部門の事業承継を同農産品製造の農業法人へ完了

    U社の概要と業界事情■U社は農産物の製造企業■元々はS社・T社・U社共同で特定ブランド農産物の販売を行っていたがU社が肥料高等などで経営不振に■地元でもブランド農産物を担える農業法人は限られていたためにブランド維持のために早期の事業承継が必要ケースの背景と流れ■U社は...

  3. 高度な駆け引きの折衝にて、複数の買収希望候補から見事に適切な事業承継先をセレクト

    O社の概要と業界事情■O社は生産用金型メーカー■当社の緻密な金型技術は国内外メーカー顧客に信頼されて商品供給も多数■2008年の世界同時不況から日本の金型産業は、経営環境が大きく後退して廉価なアジア企業の影響で収益も悪化ケースの背景と流れ■O社の経営者は年齢も高く、し...

  4. 折衝が難航したが、営業エリア外の同業者に最終的に事業承継を達成したケース

    L社の概要と業界事情■L社は開業以来100年以上の歴史を持つ企業。

  5. オーナーへ依存しすぎる経営体質を改善するために、ライバル企業への事業承継を成功したケース

    C社の概要と業界事情■2008年からの世界同時不況による消費低迷のあおりを受けたことで、日本における服飾マーケットの状況が悪化■有名なトータルファッションメーカーはその潤沢な資金を用いて、ブランド力が強くて一定の信頼のある取引先を持つ中規模メーカーの事業承継による買収を目標に事業再編を進...

  6. 株式売却を最大化するために、二段階における入札を実行して事業承継を達成したケース

    A社の概要と業界事情■A社は、マーケットが飽和して利幅の低い本来業務(営業赤字3億円)と市場拡大している新参業務(営業黒字9億円)を進めている■新参業務は、業務計画においても業績が急成長することが想定されていて、ライバル企業・関連分野・投資業などの各界における安定企業数十社が事業承継によ...

  7. 後継者を承継先企業に社長として迎えてもらい、上場会社としての融資基準も満たした事業承継ケース

    M社の概要と業界事情■ M社はメディカル機器問屋業にて東京一円で業務を行っており、盤石な取引先基礎を強みに安定した売上を達成■ 大企業の首都圏業界参入によってライバルが増えて業績が悪化して、将来的に経営前途は非常に厳しい状況ケースの背景と流れ■ M社創始者は取締役である長男を後継...

ページ上部へ戻る