事業承継M&Aの実例

  1. 会社売却後も役員として勤務、非常に理想的な条件での事業承継を達成したケース

    I社の概要と業界事情■I社は、70年代に創業したコスメグッズパッキング業■業績そのものは安定しているが、長い将来を見ると経営者には後継者不在と言う問題が存在■現状の経営について成長を見込みながらも、後継者問題を解決するために事業承継を模索ケースの背景と流れ■I社が既存...

  2. 同業のネットサービスへの事業承継達成により、海外向け事業も達成できるようになったケース

    K社の概要と業界事情■K社は、無在庫形式の販売サイトをサポートする企業■基本的に経営者自身がシステムの構築や維持、そして商材セラーへの対応などを対応していたことで業務限界■事業自体を迅速化するために体系化を目指して、事業承継を行うことで解決を計画ケースの背景と流れ■K...

  3. 既存のスタッフも継続して経験を生かすことが出来る事業用機器関連企業へ事業承継したケース

    C社の概要と業界事情■C社は、業務用のボードPCの企画・製造を行うファブレス企業■子息への後継は出来ず、社内スタッフへの後継になると資金調達が大変不安■不景気でも経営が堅実に出来る企業への事業承継を以前より模索ケースの背景と流れ■C社は、社内承継をする際に不必要な資金...

  4. 事業承継完了まで長期戦を想定していたが、結果的に数か月で会社売却したケース

    V社の概要と業界事情■V社は、業務用テスターの生産・販売にて安定成長■年齢を負うごとに後継者不在に懸念を感じていたが、元々子息への譲渡は選択外■現在の順調な社内の労働士気を維持するために、積極的に外部への事業承継を模索ケースの背景と流れ■経営が悪化しては事業承継も上手...

  5. 新規のビジネス項目にチャレンジするために、事業承継を無事に行ったケース

    R社の概要と業界事情■R社は、生涯学習事業やそのインストラクター養成にて成長■経営者が生涯学習ノウハウを構築した一方で、更に別のノウハウを構築して新事業に移行する大きな希望■一見事業承継には速いように思われたが、弱年層への積極的な会社売却を強く推進ケースの背景と流れ■...

  6. 経営が悪化する前に、同規模の同業のソフトウェア企業への事業承継を達したケース

    S社の概要と業界事情■S社はデータベース作成技術の高さによって急速に成長■業績は非常に安定してきているものの、特定の業務に売上の大部分を頼っているために急激な失速を懸念■業績が良いうちに事業承継を模索するが、社内に資金管理が出来る後継者が不在なために会社売却を検討ケースの背景...

  7. 女性の多い職場について、時間を掛けて同じく女性の多い健康食品業に事業承継したケース

    Y社の概要と業界事情■Y社は、バブル期後半から創業したヨーロッパ雑貨の輸入業者■純粋な輸入だけでなく、使いやすさに配慮した製品も企画することでセレクトショップを中心に成長■業績はずっと安定推移してきていたが、競争環境が悪化していることと経営者が子息を厳しい環境に置かせることを懸念...

  8. 長年の間培った和菓子のノウハウを砂糖メーカーに事業承継したケース

    A社の概要と業界事情■A社は1970代から続く和菓子の製造販売業者■開業前から経営者は親戚の経営する店で勤務経験、その後有名な和菓子職人について修行経験所有■子供さんも事業承継する気を持たないので、経営者として第三者への会社売却を検討ケースの背景と流れ■A社の経営者に...

  9. 家族や社内における後継人材の欠如により、同業者の鍍金加工業に事業承継を見事に成功させたケース

    P社の概要と業界事情■P社は創業60年以上にもなる鍍金加工業で、機械パーツやプレス品はもちろん大型製品にも対応■小規模ながら小ロットで色んな商材に対応する経営努力で地元では信頼の厚い企業■もともと子息の誰かに事業承継を行う予定だったが、すべて承継の意志が無いことやスタッフ内でも後継者...

  10. 子息への事業承継を断念して、メーカー系人材メインの派遣業への会社売却を達成したケース

    H社の概要と業界事情■H社は90年代に設立された人材・IT企業■大手通信業をメインに、様々な職種の人材提供を行っていて事業もスムーズに展開■親族に経営を引き継ぐ適任者がおらず、社内でも抜本的に経営できる人材がいないことで中小企業 M&Aを検討ケースの背景と流れ...

ページ上部へ戻る