事業承継(引継ぎ)

  1. 半導体(ロジック)の拡販はグローバル化しかない!M&Aでキマリ?

    様々な機器に組み込まれている半導体ですが、そのタイプは複数のものが存在しているのはご存知でしょうか?その中でも、特に重要な位置を占めているのが【ロジック】と呼ばれる機能を持つタイプになります。

  2. 半導体(メモリ)進化は早い!業界はM&Aにより競争力向上を図る?

    電子系統には欠かせないのが半導体。特に現在は膨大なデータの処理を進めなければならない時代ですので、メモリに関しては日進月歩で進化し続けている状況です。つまり、半導体(メモリ)は単価も変わらないままで、処理量がどんどん向上していると言えるでしょう。

  3. 服飾資材は販売単価の低下が止まらない!M&Aで改善できることは?

    アパレル業界はかつて鉄板とも言われた時代もあったものですが、現在は全体的にリーズナブルなものが市場を占めるようになっています。服飾は基本的にお金の掛かるモノであったことから、現在の安いアパレル製品の普及は業界の本音からすると決して望ましい状況ではないのかもしれません。

  4. 砥石・研磨材業界の職人不足!M&Aを活用するしか解決ができない?

    金属などを長持ちさせるためにはそのサイズに関わらず、研磨などの工程が必要になってきます。この場合には砥石や研磨材が用いられることになりますが、これらの研磨に使うツールの質も研磨そのものの良し悪しに大きく影響を与えるでしょう。

  5. スプリング製造は国内企業は太刀打ちできず?早めのM&Aが基本に!

    各種機器をはじめ、様々なツールの製造に欠かせないのがスプリングです。この質の違いによって使い勝手が大いに異なり、機器に対する評価に差が付いてくると言えるでしょう。しかし、最近のスプリングにおける製造の状況を見てみると、海外製造のコストに太刀打ちできないようになってきているのが分かります。

  6. ベアリングは品質重視もコスト低下傾向?M&Aで収益改善できるか?

    機械関係に強い日本企業ですが、その背景には精密で安定性の高いパーツが使用されていることが挙げられます。特に機械でも重要な部分と言えばベアリングであり、その質によって機械のパフォーマンスも大きく異なってくるでしょう。

  7. パイプ・バルブは海外業者が勢いを増す?M&Aは業界にとって必須!

    水道ライフラインに欠かせないのがパイプやバルブになりますが、日本企業はライフラインの構築技術は世界でもトップレベルにあります。しかし、世界的に見れば日本企業のコストは相当高い位置にあり、ここが結果的に近年における海外業者の勢いが急激に伸びてきている要因とも言えるでしょう。

  8. 電線・ケーブルは低価格化が進んでいる!業界はM&Aで長期的解決?

    私たちの生活を根底から支えてくれているライフライン。電力もそれに含まれますが、電線やケーブルの質はそのサービスそのものの質を高めるためになくてはならないものです。

  9. 電子部品・デバイス製造業界はグローバル化!M&Aがスタンダード?

    90年代にIT業界が一気に花開き出してから、電子部品やデバイスはその数も桁違いに増えていきました。かつてはITに得意なメーカーとそうでないメーカーに分かれていたものですが、現在はその垣根が著しく低くなっている傾向にあります。

  10. 機械・電気製品業界は品質だけでは勝てない時代に!M&Aが必須に?

    人間が落ち着いた生活を送ることができるのも、機械や電気製品によって日々支えられているからです。元々、日本企業メーカーと言えばこの分野における品質の信頼性も高く、日本の国内外でそれは認識されていることでしょう。

ページ上部へ戻る