事業承継(引継ぎ)

  1. 電子機器に必要なコンデンサも低価格に悩み?M&Aにて販路も拡大!

    工場などは大規模なところになるほど、24時間稼働となってコンピュータ制御にて製造が続けられます。これは出荷が24時間単位で進められることを意味しており、製造機器の異常は工場にとって大きな経済的ダメージを追ってしまうリスクも負っているのです。

  2. スイッチ・コネクタ業界はライバルが多すぎ?M&Aの意義も大きい!

    業務機器はもちろん、工事関係にも用いられるパーツとしても欠かせないのがスイッチやコネクタなどになるのではないでしょうか?特に工事などでは各現場にて大量に組み込まれるものなので、製造販売する業者の数は自ずと多くなるのが特徴です。

  3. 各種パネル製造は苦境に面している!M&Aを進めなければジリ貧に?

    製造機器やエンターテイメント機器など、その多くにて見やすいパネルの存在が欠かせません。このようなビジュアル機能が重要となる機器については、常にパネルの進化が必要となってくると言えるでしょう。しかし、今の時代このパネル製造の業界では苦境に面していることも事実です。

  4. フォトマスクの価格が半導体収益にも影響!M&Aは専門業者に依頼?

    基本的に1つの半導体を製造するには、複雑な工程を素早くこなしていかなければなりません。その工程の中で最も重要なものとして、【フォトマスク】と呼ばれるアイテムを使った部分が存在しています。

  5. 多結晶シリコンは高収益性ならではの競争激化!M&Aにて状況改善?

    IT産業だけでなく、最近は太陽光発電パネルなどにも多く導入されているシリコン。しかし、シリコンも実は2タイプが存在していて、単結晶と多結晶タイプに分けられます。この2つの違いを簡単に見てみると、製造や導入にかかるコストが異なる点が最も大きいでしょう。

  6. 半導体ウエハは拠点同士の売上競争激化!M&Aなら問題解決が可能?

    世界的にもトップに君臨する日本の半導体メーカーですが、その背景には半導体を大量生産するためのウエハ加工技術が優れているからです。半導体ウエハはチップを効率よく多く作るために必要不可欠なものですが、近年は海外勢も急激に力をつけて追い上げてきています。

  7. 半導体テスト・後工程受託業務もコスト圧力?M&Aを抜本的に活用!

    高性能の機器には必ずと言ってよいほど導入されている半導体ですが、どんなに優秀な製造技術を持っていても最終的な品質管理が徹底されていなければ全く意味がありません。

  8. 半導体(ファブレス)の業界は単価低下がジレンマ!M&Aにて改善?

    現在は機器の多くがコンピュータによって制御されていますので、半導体の役割が相当大きいと言えるでしょう。しかし、かつてのような収益性が無条件に高い時代は終わりを告げ、現在はグローバルな価格競争に突入しています。

  9. 半導体(パワー)の製品は種類が多い!M&Aで市場的有利に立てる?

    企業で導入されている多くの業務機器には、半導体が組み込まれていることが一般的です。通常において半導体の役割と言うものはデータの集積や処理がメインになりますが、これをスムーズに進めるためには制御を担う部分がしっかりと機能していなければなりません。

  10. 半導体(ディスクリート)は競争激化!M&Aにてコスト圧迫を解決?

    機械制御など複雑な仕組みを持っていることも多い半導体ですが、この半導体の中には極めて単純な構造を持っているタイプも存在しています。一般的にディスクリートタイプと呼ばれており、ダイオードやトランジスタなどがその代表格と言えるでしょう。

ページ上部へ戻る