事業承継(引継ぎ)

  1. 産業用ランプ・光源は耐久性で収益性が大変化!M&Aの生かし方は?

    生活はもちろん、業務にも欠かせない存在であるランプや光源ですが、近年はランニングコストとして経済的な負担が深刻になる項目として知られるようになっています。普段から何気なく使い続けられている照明類については、多くの無駄が発生するアイテムとなりやすい訳です。

  2. 水晶デバイスは国内メーカーの勢いが陰りに!M&A実施が当たり前?

    腕時計などの長期使用において、一般的に使用されているのが水晶になります。水晶と聞くと通常においてジュエリーやアクセサリーでの使用しか思い浮かばないかたも多いはずです。しかし、水晶に圧力を加えると電流を発生させる特殊な性質があることで知られ、これがクオーツ時計などに積極的に活用されている理由でしょう。

  3. 配電・制御器で成長する新興国!国内製造業がM&Aで可能なことは?

    公共事業などが昔と比べると大幅に減った日本ですが、やはり日本の少子高齢化が大きく影響しているのは言うまでもありません。そのため、電気工事などにおける配電の機会や制御器の使用頻度の減少も深刻化しているでしょう。

  4. 電源製造は国内と海外業者が熾烈な戦い?両者間でのM&Aは有意義!

    ビジネスではパソコンはもはや必須の存在となり、データの保存や処理などには欠かせなくなりました。それまで手で行っていた作業もこのような機器を使い始めれば手放せなくなることでしょう。現在は海外出張も当たり前になったことで携帯性が重視されようになり、国を問わず使用できる電源がかなり重要になったのです。

  5. 電子回路基板製造は日本企業も危惧?M&Aで良い条件を引き出せる?

    世界の多くの国に存在する様々な機器システムは、電子回路の存在があって初めて正常に機能します。つまり、電子回路の質の良し悪しイコール機器の良し悪しになると言っても過言ではないのです。

  6. 音響部品は海外向けがメインに!M&A実施ならグローバル化が基本!

    近年オーディオ関連の技術は飛躍的な進歩を遂げ、それが各種の音響関連の機器にも品質向上という形で現れています。部屋などで使用するオーディオはもちろん、マイカーの中に取りつける音響機器も臨場感あふれるモノばかりです。

  7. 単価コントロールに頭を痛めるセンサ業界!M&Aが最後のとりでに?

    現代の生活において、快適さを求めていくことはストレスを溜めないために重要なことです。

  8. モーター製造も国内製造は非現実的?M&Aで製造販売競争力アップ!

    日本メーカーは機械製造においては、経済成長の源となってきたほど有利に立ってきました。グローバル化が進み、多くの製品が日本国内ではなくて海外製造へとシフトすることが一般的となった現代においても、一定量の国内製造を維持できているのがモーターなどの動力系統になります。

  9. 新興国にも競合の多いコイル・トランス業界!M&Aで不利を有利に?

    電気系統の正常な運営には様々なパーツが必要不可欠ですが、電流のスムーズな流れを担ってくれるのがコイルやトランスなどの部分ではないでしょうか?しかし、これらの製造についてとりわけみられる1つの傾向としては、製造の担い手つまり取り扱いメーカーが著しく多すぎるという点にあります。

  10. 抵抗器製造は海外メーカーの圧力も大きい?M&Aを活用する重要性!

    製造拠点の電気系統や工事現場における複雑な工程など、それを巧みにコントロールするツールとして【抵抗器】は大いに役に立っています。

ページ上部へ戻る