食品メーカー・食品加工会社・食品工場のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・顧客から安全性の取り組みへのニーズが高くなった
・食材や調味料コストが高騰している
受注単価が大きく抑えられている
・増税で販売に掛かる利幅が大きく落ちた
・収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
・早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

食品メーカー・食品加工会社・食品工場におけるM&A・事業承継の現況

日本における食品業界は、20兆円規模の大きなサービス分野ですがそのマーケットは次第に小さくなっていて、その大きな原因として高齢者の増加による食事量の減少によって食材消化の低迷と言うことになるでしょう。

また、暦年の価格競争によって消費者も低価格の食材に慣れてしまい、生産者も安全意識を持ちながらも厳しいコスト管理を行わなければならないという経営環境に陥っています。また、安全性とクオリティを維持するための必要経費も高くなっている傾向は避けられず、製造側では大幅な収益性の低下が懸念されているのです。

最近では大企業のメーカー同士も競争に晒されているという事実もあって、小規模でも品質管理に長けているメーカーなどを買収したり、傘下企業として取り込んだりと製品力を高める努力を行っています。

このような背景もあって、小規模の食品メーカーは年々厳しくなって行く安全性へのニーズに応えられない不安も募っていて、その経営者は経済的な懸念を拭うためにM&Aを活用した事業承継を行っていく傾向にあるでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

食品メーカー・食品加工会社・食品工場のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・投資した設備を継続して活用してもらえる
・急に製造ラインが止まることがない
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・生産拠点が増えるので生産性が大きく向上する
・販売エリアごとの利便性が向上する
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 食品メーカー・食品加工会社・食品工場の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る