製薬会社のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

新薬の開発にかなり時間が掛かるようになった
・ジェネリック人気で長期的な収益性に不安がある
・優秀な製薬スタッフがなかなか多く育たない
コストの安いインド企業などが脅威となっている
・収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

製薬会社におけるM&A・事業承継の現況

製薬会社は基本的に医療業界からのニーズが非常に高いこともあって、これまでは非常に恵まれた経営環境を保つことが出来ていた業界の1つでした。

ところが1990年代からの薬害エイズ訴訟などで製薬会社の倫理観が問われるようになり、さらに国による社会保障費の抑制策によって医療費が抑えられて行く方向性が鮮明になったため、今後はコスト意識を持たない製薬会社は新しい薬剤の開発においても大きく後れを取って行くことになります。

また、最近は開発した薬剤は一定期間を経てジェネリック化できることになっていますので、製薬会社の開発による収益も今後は短いスパンになっていきます。そのため、これまでのように1つの薬剤に頼って売上を安定させていくことが非常に難しくなっているでしょう。

製薬会社における開発スタッフの人件費は非常に高いため、経営基盤を強化しないと新薬の開発レベルにも大きく悪影響を及ぼして行きます。そのため、業界内では大企業による中小企業の買収が盛んにおこなわれていて、中小企業同士もM&Aによる事業承継によって競争力を高めようとする経営者も多くなっているのです。

M&Aを利用した事業承継のメリット

製薬会社のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・特許のあるうちに高い資本を回収できる
・製薬機器を継続して活用できる
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・製薬ノウハウを安価に手に入れられる
・製薬スタッフをすぐに確保できる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 製薬会社の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る