経営者人材の不足のため、システム開発企業(売上高:約8,000万円)について、新事業への参入を考慮する技術者仲介企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • システム開発企業
売上高
  • 約8,000万円
売却理由
  • 経営者人材の不足

買い手企業

事業内容
  • 技術者の仲介企業
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 新規ビジネスアイテム獲得

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側であるシステム開発企業は、そのテクノロジーは非常に良い評判を得ているものの、長らく続くデフレによる取引先会社の資金提供コントロールや厳しい価格戦によって、非常に不本意な売り上げが継続してきた。オーナー経営者が引退したい意向もあって、既存のテクノロジーをより良い形に生かせるセールス力を持つ会社への譲渡を模索していた。
  • 買い手側である技術者仲介業者は、製造企業向けのエンジニア仲介のフィールドで発展してきたが、ここ最近はアウトソーシング事業への特化を一気に進めていた。
  • この会社は売り手側のアウトソーシング業績と高いテクノロジーを非常に高く見積もっていて、売り手側を傘下に収めることで運営上の問題としてのアウトソーシング業務の特化が達成できると感じた。
  • 今回のM&Aの事業承継によって、売り手側の経営者はしばらくはオーナー経営者として引継ぎを行って退職した。

 

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る