税理士事務所・会計事務所のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・顧問企業先の数が伸び悩んでいる
安くて優秀な会計ソフトが出てきている
・顧問料の価格競争が激化している
収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
・体力が落ちて来たので、現役から退きたい
早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

税理士事務所・会計事務所におけるM&A・事業承継の現況

日本における税理士・会計士事務所はかなり飽和状態にあり、その背景には優秀な会計ソフトの普及にあると言われていて単なる会計処理代行だけでは売上を維持できない状況にあると言えます。このため、かつては鉄板だと言われた税理士の業界は収入減にあえいでいるとされるでしょう。

最近は経営のコンサルタントや企業支援策などを的確に支援できる総合的な会計人材が求められるようになり、事務に徹してきた税理士・会計事務所などは苦境に立たされています。最近は、法律問題も発生することが多くなっているので、弁護士事務所と一体化して経営強化を図って業務の差別化を進める企業体も出て来ているのです。

また、やはり大企業である会計法人が非常に強くなっている傾向にありますので、小規模な税理士事務所などは将来的な業績悪化を見越して大企業の傘下に入ろうとする経営者も少なくなく、各地方に事務所を構えたい大企業にとってはM&Aを用いて事業承継を進める価値は非常に高いと言えます。

確実な実績のある会計事務所の買収は、収益性を維持してくれる可能性が非常に高いので大企業間でも買収競争がかなり激しくなる傾向にあるでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

税理士事務所・会計事務所のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・蓄積した会計ノウハウを更に生かしてもらえる
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・本来脆弱だった会計業務エリアにおいて業務拡大できる
・各地方の状況に詳しい税理士を活用できる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 税理士事務所・会計事務所の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る