印刷会社のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・企業からの印刷物発注が減った
・メインの取引先だった官公庁のオーダーが減っている
・収益を維持していた受注単価が著しく落ちている
・少量のオンデマンド印刷の需要が高くなった
収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
・早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

印刷会社におけるM&A・事業承継の現況

印刷業におけるマーケットはバブル期を過ぎた2000年代に入る前に縮小し続けていて、現在数千億円程度で推移しています。昨今の日本人の書籍離れを中心として出版業の売上自体が減少していることやPC・スマホなどでもネットックを閲覧できることもあって、紙媒体の需要自体が著しく落ち込んでいることにあるでしょう。

また、世界的な環境意識の高まりもあって資源を消化する印刷物は最低限のモノに留める動き出てきており、更にコスト削減のために敢えてデータでしか保存しないなどの企業方針もあるくらいです。

印刷業自体は大企業も多いのですが、各地方には地場企業として印刷会社は非常に多く存在しています。出版物のニーズは企業数に大きく左右されることもあって、印刷会社の売上の差は極めて大きくなっていることが特徴となります。

そのため、スケールメリットを確保するために中小企業同士が提携したり、経営統合したりするなどの流れが大きく加速して来ています。それを背景に、多くの経営者がM&Aによる事業承継を積極的に進めていく動きも加速しているでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

印刷会社のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・印刷機器の処分が必要ない
・インクも劣化させずに再利用ができる
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・新規顧客を抱えることができるのでシナジーが期待できる
・熟練した印刷職人をすぐに確保できる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 印刷会社の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る