タクシー会社のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・全体的にタクシーを利用する顧客が減った
・公共交通機関との価格競争が激しくなった
ドライバーが慢性的に不足している
・新しい車両を導入できる資金が足りない
・収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
・早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

タクシー会社におけるM&A・事業承継の現況

日本におけるタクシー産業は、長年の実績からそのマーケットも非常に大きいですが、交通網の発達や自家用車の利用などその規模自体は年々小さくなっています。その一方で、従来の顧客を運ぶだけの業務だけでなく、様々なニーズに対応した関連サービスに参入(観光・介護)する企業体も多くて他社との差別化を図っているのです。

業界的にはスケールが大きくなればなるほど収益率が高くなるため、経営統合などは以前においても決して少なくはありませんでした。しかし、最近は既に業者数が多いということもあって、新規の業界参入をコントロールする傾向にあります。

また、最近はドライバー自身も高齢化が進んでいて長期的に運転に従事できる人材を確保して行くのが非常に難しくなっていることから、経営者自身も長期的な人材管理には非常に手を焼いていると言えるでしょう。そのため、他社のタクシー会社に事業へ売却を行うためにM&Aによる事業承継を考慮される経営者も大変多くなってきました。

M&Aを利用した事業承継のメリット

タクシー会社のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・車両資産と設備を引き続き活用してもらえる
・減少する地域のタクシーサービスを維持できる
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・営業車両をすぐに使うことが出来る
・ドライバーを新規で養成せずにすぐに活用できる
・ノウハウや既存顧客の取り込みができるので収益に直結する
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 タクシー会社の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る