高収益業務に特化するため、高齢者住宅業務(売上高:約2億円)について業務拡張を模索する同種業者へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 高齢者住宅の運営
売上高
  • 約2億円
売却理由
  • その他業務へ特化するため

買い手企業

事業内容
  • 高齢者事業
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 業務拡張

案件概要

スキーム
  • 事業売却
案件概要
  • 売り手側は、関東一円エリアで高齢者住宅を経営していて、業務水準も大変ハイレベルで各エリアにおける評価も実に秀逸なこともあって、利用高齢者数も大変高い稼働率で推移していました。それでも売り手側の経営者は高齢者事業における人材確保の難しさや規制緩和も鑑みたところ、高齢者住宅をたった1つで経営していくことに疑問を呈して、より業務量の多い同種業者に業務を売却して本来のメイン業務に専念することを判断した。
  • 買い手側は、競合地域にて幾つかの高齢者事業を経営する中規模の企業で、そのエリア内で非常に関連性の高いことに着目し、早期の段階から今回の案件について大きな魅力を感じていた。
  • やはり注目の高さから、結果として4企業が買収を争ったが、その中でも非常に良い条件を準備した買い手側が公称することになり、認可等の法的な流れをクリアして売却完了に事なきを得た。

 事業の選択と集中のための会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る