高収益性の業務専念のため、サービスプロバイダー業務(売上高:約1億円)を、IT事業会社に業務売却

売り手企業

事業内容
  • ITソフト企業
売上高
  • 約1億円
売却理由
  • 業務部門の譲渡・オーナー利益の回復

買い手企業

事業内容
  • IT事業会社
売上高
  • 数十億円
買収目的
  • 業務項目の獲得

案件概要

スキーム
  • 事業譲渡
案件概要
  • 売り手側は、某業務分野用に専門化したマネジメントソフトを製造してセールスも行っていた。高収益の見込める業務に特化するためにサービスプロバイダー業務部門を譲渡して、売却資金をメイン業務における製造コストとして投入したい意向もあって業務売却を模索していた。
  • 買い手側はネット事業を展開し、売上なども非常に安定的に伸びているということもあって、相乗利益を見込める関連業務の承継が出来ないか模索していた。
  • 今回の案件は特定の業務分野にて、サービスの同時拡販によって相乗利益が見込めると期待され、近い将来における事業売却を見据えて買い手側は当面の間、業務を受託経営することに至った。結果的に数か月に渡る受託経営を終えた後で事業売却が達成された。

 マネージメントソフト・IT関連企業の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る