高収益事業に特化するため、傘下企業の1つであるプリント基板の生産会社(売上高:約8億円)について当経営陣に譲渡

売り手企業

事業内容
  • パーツ製造会社
売上高
  • 約1000億円
売却理由
  • 傘下企業の譲渡

買い手企業

事業内容
  • パーツ製造会社
売上高
  • 約8億円
買収目的
  • 経営者による事業買収

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側は上場しているパーツ製造企業で、かねてから全業務における見直しと高収益化を図っていて、本来のメイン業務でない傘下企業の1つであるプリント基板生産会社の譲渡を常に模索していた。
  • 元々、別企業へ譲渡ということを前提にして進められていたが、非常に順調な売り上げの伸びとハイテクノロジーが大きな魅力となったこともあって幾つかの外部企業からの譲渡希望のオファーを受けた
  •  それでも、外部企業との折衝についてはどうしても好条件のものが見当たらず、結果的に現在の経営者等への譲渡に収まった。
  •  今回、売り手側も事業承継を達成したことで関連業務を分離が可能になって、収益性の最適化とメイン業務への資金投入を達成することができるようになった。

 プリント基板会社の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る