開発資金獲得のため、システム制作企業(売上高:約10億円)について、周辺フィールドへの参入を模索する同種企業から増資を承諾

売り手企業

事業内容
  • システム制作企業
売上高
  • 約10億円
売却理由
  • 将来的な企業業務の発展

買い手企業

事業内容
  • システム制作企業
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 新規サービスの取得

案件概要

スキーム
  • 第三者割当増資による資金調達
案件概要
  • 資本増強元であるシステム制作企業はエンジニアについても高水準でクライアントからも評判も高かったが、既存システム制作の遅延もあってキャッシュフローの悪化が顕在化したので資本増強を日常的に模索していた。
  • 資本提供側であるシステム制作企業は、資本増強側の商材に繋がるフィールドにおいて非常に大きい市場占有率を誇り、さらに資本増強側が高いテクノロジー持っていることで、資本提供すればオプションバリューの大きい業務が期待できると見込んでいた。
  • この2つの企業は業務内容・テクノロジーにおいて非常に関連性が大きいこともあって、一緒に手を組むことによる非常に高いシナジーが期待できると感じて資本協力関係が出来ることになった。

 システム制作会社の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る