金策難の改善のため、メディカル装置製造企業(売上高:約40億円)について、取引先拡張を模索する同じ業務会社からの資金提供を承諾

売り手企業

事業内容
  • メディカル装置製造企業
売上高
  • 約40億円
売却理由
  • 企業業務の将来的懸念・売上不安定

買い手企業

事業内容
  • メディカル装置製造企業
売上高
  • 約200億円
買収目的
  • 関連業務への参入

案件概要

スキーム
  • 第三者割当増資による資金調達
案件概要
  • 資金調達側であるメディカル装置製造企業は、特許を持つ自己開発のメディカル装置の製造やセールスにて非常に堅実な業績を残していた。
    それでも、新しい製品の開発における資金投入におけるプレッシャーと販売の進まないストックの多さから、キャッシュフローが不健全に陥っていて外部企業からの増資を予てから考慮してきた。
  • 資金提供を行う比較的規模の大きいメディカル装置製造企業は、資金調達側誇っているテクノロジーと商品力の良さを非常に高く買っていて、その商品群を長い間構築してきた独自のセールスルートに流し込むことで、シナジーが期待できるという見通しで資金提供を最終的に決定した。その後、第三者による割り当て増資形式により無事に完了した。

 メディカル装置製造企業の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る