運営資源、ブランドパワー拡充を目的に、販売促進請負企業(売上高:約7億円)を投資会社へ譲渡。

売り手企業

事業内容
  • 販売促進請負企業
売上高
  • 約7億円
売却理由
  • オーナー利益の確保/企業の発展

買い手企業

事業内容
  • 投資会社
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 関連業務への参入

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側は販売促進請負企業の中でも、とりわけ企業向の販促品・付加価値品の開発に強く、スタッフが非常に少ないものの、アイデア力に長けていることで堅実に大企業からオーダーを受けていた。
  • それでも、業務程度は大きくないこともあってブランド力の関係でオーダーが取れないこともあって、このような状況がスタッフの業務への取り組みに悪影響を及ぼしていたこともあって、創業者である経営者は経営資源の拡充とブランドパワーの向上を達成させてくれる譲渡先を模索していた。
  • 今回の案件は同じ業種への参入を模索する幾つかの業務企業、投資会社が事業承継を希望していた。その後、創業者経営者がトータルで決断したところ、買収後の相乗効果を期待している投資会社が選ばれてM&Aが完了した。

 

ページ上部へ戻る