通訳・翻訳会社のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・翻訳における1文字あたりの費用が減っている
・国内業者も海外の翻訳会社に直接発注している
・翻訳ソフトの精度が進んだことで、翻訳者のニーズも減少している
・毎月の案件数が以前より不安定で、通訳・翻訳者の人件費確保が困難
収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
・体力が落ちて来たので、現役から退きたい
早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

通訳・翻訳会社におけるM&A・事業承継の現況

通訳・翻訳会社は、各企業のグローバル化によって2000年代からその需要が一気に高まってきました。現在のマーケット規模は2,000億円以上とされますが、最近においてグーグルなどの無料翻訳ソフトなどの性能が著しく進歩したこともあって委託案件が減少しています。

もともと日本人による翻訳人件費を節減するために、海外の翻訳会社などに委託する傾向があったことで最近はさらに国内翻訳者の案件確保が困難になっているのです。また異業種からの参入は大変著しく、規模の小さい翻訳会社などは大手への買収を打診するほどまでになっているでしょう。

さらに、海外の翻訳会社が直接オーダーを受ける傾向にあることから、海外の日本語翻訳者のレベルもかなり上がってきている現実もあるのです。その中で、国内翻訳者と海外翻訳者の競争も非常に熾烈化していて、それが結果的に翻訳会社の経営状態を不安定にさせています。

通訳も海外案件などは現地人を使うことも非常に多く、国内における案件も必ずしも日本人を使わなくても良い案件もあって競争環境は一層油断できないものとなっているのです。今後は業種を超えたM&Aによる事業承継が当たり前のものとなって行くでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

通訳・翻訳会社のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・優秀な通訳・翻訳スタッフの人件費が解決できる
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・優秀な翻訳者を無条件に確保できる
・通訳人材が増えるので、通訳業務も拡充できる
・翻訳のため蓄積ノウハウも受け継げる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 通訳・翻訳会社の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る