退職して国外を生活基盤とするため、ライフライン設備メーカー(売上高:約10億円)について、取引先拡大を模索する機器製造企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • ライフライン設備メーカー
売上高
  • 約10億円
売却理由
  • オーナー利益の回復

買い手企業

事業内容
  • 機器製造企業
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 関連業務への参入

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側のライフライン設備メーカーは、あるジャンルで非常に高い市場占有率を持ち、その利幅も非常に高い会社だった。
  • ところが、この企業の経営者は、予てから国外へ生活基盤を移すことを計画していて、業務の譲渡と国外に住むための資金の調達を同時に達成するために企業譲渡を決めた。
  • 買い手側である機器製造企業は売り手側とはまるで違う商材を取りそろえる歴史ある業者だが、売り手側の豊富な取引先があれば既存商品のセールスが出来る優位性に気づいて買取を進めることになった。
  • M&Aを通じて、2社間の共同で新しい商材が作り出されて販売されるなど、本来想定した収益性以上の相乗利益を生み出している。その後、売り手側の経営者は業務指導などを行った後国外に移住した。

 ライフライン設備メーカーの会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る