迅速に事業発展をさせるため、システム開発企業(売上高:約13億円)について、関連業務フィールドへの参入を模索する情報技術会社から資金提供を承諾

売り手企業

事業内容
  • システム開発企業
売上高
  • 約13億円
売却理由
  • 企業の将来的な発展のため

買い手企業

事業内容
  • 上場済の情報技術業
売上高
  • 約50億円
買収目的
  • 関連フィールドへの参入

案件概要

スキーム
  • 資金調達
案件概要
  • 資金調達側であるシステム開発企業は、その将来的な発展についてハイペースで進めていくために、新規開発のための資金投入及び人材登用のための資本を求めていた。
  • 資金提供側である上場済みの情報技術会社は、関連フィールドにおける新規のビジネスサービスのコアとなる物を模索していて、高いテクノロジーを持つ新興会社への投資を非常にポジティブに考慮していた。
  •  資金調達を求めるシステム開発企業に関するテクノロジーのテリトリーが、この上場済の情報技術会社における資金投入に関する必要性と強くマッチしたということもあって、スムーズに資金移動が可能となったが今回は第三者における割り当てによる増資という形で成立した。

 事業発展のための資金調達、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る