資本不足のため、傘下の関連業務企業である日用品製造企業(売上高:約15億円)について、業務の多様化を模索するIT会社へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 日用品製造企業
売上高
  • 約15億円
売却理由
  • 傘下の関連企業譲渡

買い手企業

事業内容
  • 情報通信会社
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 新しいビジネスアイテムの取得

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側である日用品製造企業は、メイン業務が売上の落ち込みもあってキャッシュフローが非常に悪化して来ていて、これを機に、売上の堅調な傘下の関連業務企業を譲渡することで、経済状況を正常にすることを考慮していた。
  • 買い手側である情報通信会社は、非常に堅調なメイン業務によって構築される収益性を最大限に利用して、新しい業務への参入を模索していた。この企業は売上も堅調で、将来的な業績発展も期待できることもあって売り手側に非常に注目して買取を決めた。
  • 今回のM&Aによる事業承継によって、売り手側の経営者さらにスタッフに関しても継続的な労働が確保され、現在は買い手側傘下企業としてスムーズに高い売上を続けている。

 日用品製造メーカーの会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る