販売体制を整えるため、零細システム開発企業(売上高:約2億円)について、業務拡張を模索する中堅業者と業務提携

売り手企業

事業内容
  • システム開発企業
売上高
  • 約2億円
売却理由
  • 将来的な経営懸念

買い手企業

事業内容
  • システム開発企業
売上高
  • 約100億円
買収目的
  • 会社業務の将来的不安・売上不安定

案件概要

スキーム
  • 事業協力
案件概要
  • 提携先模索側は、一部の特定フィールドにおけるシステム開発における長期間の経験を持つが、このフィールドにおけるマーケットは小さくなる一方で毎年業績も悪化していた。会社としての見通しに懸念を持つ経営者は、販売力の拡充が最も解決すべき問題と見做して、何らかの営業における改善策を模索していた。
  • 経営者が模索してから程なくして、全国的に業務展開し、システムのアウトソーシング開発をはじめ技術者の提供まで広く業務を行っている中規模の開発企業との協力の模索がスタートした。
  • 提携受入側は提携元のテクノロジーレベルを非常に高く買っていて、提携元への案件斡旋と言う形式における事業協力が最終的に達成された。

 システム開発会社の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る