警備会社のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・警備ニーズの高い法人からの受注が減っている
・警備に関する受注コストを取引企業が大幅にカットしている
・警備人材の育成が上手く行かない
・収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

警備会社におけるM&A・事業承継の現況

日本における警備会社は非常に歴史が長く、日本が高度経済成長を始めた1960年代からその発展は凄まじい勢いで進んできました。警備の内容とすれば施設内の安全保障や要人警備、そして現金輸送など様々な方面でのニーズが高いことが知られています。

企業向けの警備業務は長引く景気悪化の影響もあってハッキリ言って頭打ちになっていますが、ホームセキュリティなどの個人向けのサービスが伸びていることで一定の成長率は保っているのです。

それでも、警備会社は大手がかなりのマーケットシェアを保つなど、経営基盤の貧弱な警備会社は限られた顧客を取り合っている熾烈な状況が進んでいると言えるでしょう。このような状況でもさらに新しく参入してくる企業体もあって、既に厳しい飽和状態がさらに悪化して行くことが懸念されている分けです。

そのため、今後は大手による業務拡張が進んで行くことが予想されますので、将来的な業務発展が見込めない企業は積極的にM&Aによる事業承継を進めていくことでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

警備会社のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・提携先の急な警備不在を防ぐことが出来る
・警備人材が今後もスキルアップが出来る
・既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・警備先をまとめて引き継げる
・研修も必要なく警備員をすぐに確保できる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 警備会社の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

ページ上部へ戻る