調剤薬局のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

周辺に多くの調剤薬局ができた
・患者の多かったクリニックが閉院した
・薬剤師の後継者がいない
・収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
・体力が落ちて来たので、現役から退きたい
早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

調剤薬局におけるM&A・事業承継の現況

調剤薬局は1990年代後半から2000年代前半にかけて、多くの薬局が転換したことで今や薬局におけるメインの業務形態となっています。この背景には、医療機関が院内薬局によって本来享受していた調剤差益が縮小したことが大きいのです。

そのため、現在小規模な薬局は事実上処方箋によって薬剤を販売するだけの営業性質を持つにとどまったことで、各薬局は比較的利益を上げやすくなった反面で人件費を異常に抑える傾向が強くなっていて、優秀な薬剤師の登用とコストとのバランスの間で大きなジレンマを抱えることも増えています。

さらに、最近は市販薬市場を既に独占したドラッグストアにおける調剤業務が盛んになっていることもあって、小規模の調剤薬局は利幅を大幅に圧迫する傾向が大変顕著になっているでしょう。そのため、薬剤業界は大企業による小規模な薬局の買収が加速していて、この傾向は今後もどんどん進んで行くと予想されているのです。

現在、調剤薬局によっては経営者がいないこともあって、近い時期にM&Aにおける事業承継を行っていく意思を持つ店主も非常に多いと言えるでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

調剤薬局のM&A・事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・薬剤在庫を無駄にせずに活用してもらえる
・地域における薬剤提供の場を維持できる
高齢者患者の利便性を保てる
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・営業エリアでなかったところでの業務拡大が出来る
・リピーター多い患者を一気に獲得できる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 調剤薬局の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

ページ上部へ戻る