美容院・美容室のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・リピーターのお客さんが急に減った
格安の美容院が周辺に出来ている
・カラーなどを自分でできるようになった
収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
・体力が落ちて来たので、現役から退きたい
・早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

美容院・美容室におけるM&A・事業承継の現況

美容業は日本人の日常生活になくてはならないサービスであり、数兆円規模の非常に大きいマーケットと言えるでしょう。それでも、やはり給与が減ることによってサービス需要は非常に落ち込みやすい分野でもあり、売上の伸びている店舗とそうでない店舗との差が一層激しくなっています。

現在店舗数とサービス人口を比較した場合、店舗数はかなり飽和状態にありますので顧客ごとのサービスに対する単価は著しく減少していると言えるでしょう。

また、業界内の協会に加入しない店舗も多くなっていて、独自の価格戦略を進めて業界内における価格競争を一層激しくさせている状況も一段と顕著になって来ています。そのため、価格を維持してでも付加価値を提供できる店舗でなければ生存が難しくなってきているのです。

最近はトータルサービスを提供する美容院などが増えていて、単にヘアサロンだけでは日常的な売上を維持できない状況となっています。そのため、ブライダルや着付けなどイベントに絡めた業務を提供することでサービス単価を上げる努力をしているところも珍しくありません。

M&Aを利用した事業承継のメリット

美容院・美容室のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・店内の美容用具をそのまま利用してもらえる
テナント保証金を取り戻せる
・店舗の内装を元に戻す費用も発生することがない
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・既存のスタイリストを使える
・スタイリストの顧客もそのまま受け継げる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 美容院・美容室の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

ページ上部へ戻る