給食業・給食サービス会社のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・食材が思うような価格にて安く購買できない
・顧客ごとの品質管理が今の規模では難しい
・客単価が以前よりも大きく低下している
・収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

給食業・給食サービス会社におけるM&A・事業承継の現況

日本における給食業は非常に範囲が広く、いわゆる小学校を中心とした教育施設向けの給食だけでなく、社食や医療機関や高齢者施設など多岐に渡ります。少子高齢化によって、規模はそれほど大きくなっていませんがサービスの性質上一定規模の市場は維持できているのです。

しかし、その反面で食材や調味料の高騰などもあって、スーパーなどが提供する惣菜バイキングなどの格安サービスなどとの競争もあって価格的優位性を保つには大変骨の折れる状況が続いているでしょう。そのため、給食サービスにも付加価値が要求される時代となっています。

さらに、最近は公的サービスの性質が強かった給食センターでさえも価格競争に悩むようになり、このままでは児童向けの給食業務に関しても支障を来すようになるケースも深刻化して行くリスクがあるとされるのです。

これにより、最近は給食関連だけでなく異業種からの参入も目立つこともあって、事業種類の垣根を越えたM&Aにおける事業承継が進んでいる傾向にあります。企業内における給食提供業務を複数社一気に買収するケースもあって、今後は更に大規模化が進んで行くことでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

給食業・給食サービス会社のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・取引先の配送予定を守ることが出来る
・設備をそのまま活用してもらえる
・既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・多くの給食供給顧客をそのまま受け継げる
・給食製造スタッフの研修無しに業務継続できる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 給食業・給食サービス会社の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

ページ上部へ戻る