経営者の年齢と健康上の問題から、翻訳関係企業(売上高:約10億円)を、特定分野の獲得を模索する人材仲介企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 翻訳関係企業
売上高
  • 約10億円
売却理由
  • 経営人材の不足

買い手企業

事業内容
  • マンパワー仲介企業
売上高
  • 約2000億円
買収目的
  • 業務拡張

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側である翻訳関係企業は、長らく業界内では素晴らしい業績とネームバリューを持つ中規模の業者だった。オーナーである経営者自身が既に引退を考慮する時期となり、さらに体力においても強い懸念があったこともあって、企業譲渡のためにM&Aを進めることを決めた。
  • 買い手側の人材仲介企業は、特定分野にこだわったハイレベルの人材仲介を模索していて、上述のM&Aによる専門業の確保をポジティブに進めていた。
  • この企業は、売り手側の翻訳関係業務を自身の傘下に落ち着けることで、語学に強いマンパワーを拡充させることができ、さらに傘下企業のスタッフについてもレベル向上が出来ると期待して買取を決めた。売り手側の経営者は、株式売却後にすぐに隠居して第二の人生を満喫している。

 翻訳会社の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る