経営者の退職意向のため、福祉用品貸出業(売上高:約5,000万円)について、市場拡張を模索する同分野の大手業者へ売却

売り手企業

事業内容
  • 福祉用品貸出
売上高
  • 約5,000万円
売却理由
  • 経営人材の不足

買い手企業

事業内容
  • 福祉用品貸出
売上高
  • 約10億円
買収目的
  • 競合会社の買取

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側である福祉用品貸出業は、基盤地区にて非常に評判も高くて業績も確かな企業だった。それでも、このオーナー経営者は既に第一線を退く時期に来ていることを自覚し、業務が安定している間に大企業に事業承継してもらいたいという思いがあって譲渡を決めた。
  • 経営者の譲渡への本音として、福祉用品貸出業務は、大企業によって既に市場も席巻されて非常にライバルも多いことから、このまま業務を続けていてもさらに拡大しないとやがて淘汰されてしまうという懸念があった。
  • 買い手側である大企業は、売り手側の基盤にて事業拡張を模索していたこともあって、予てからM&Aによる事業承継を常に考慮していた。
  • 今回買い手側の販売地区と売り手側のポジティブな業務エリアがマッチングしたこともあって、折衝も大変迅速に行き、売り手側が承継を考慮して3か月も経たないうちに完了した。

 経営者退職の解決策としての会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る