経営者が第二の人生を選ぶため、身障者共同住宅業務(売上高:約20百万円)を福祉業務への参入を希望する企業へ売却

売り手企業

事業内容
  • 身障者共同住宅
売上高
  • 約20百万円
売却理由
  • 創業者利益の確保

買い手企業

事業内容
  • 保険薬局
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 新しいビジネスへの参入

案件概要

スキーム
  • 事業売却
案件概要
  • 売り手側の身障者共同住宅の運営企業は、地域に特化した運営方法と非常に行き届いた管理について大変高評価を得ていて、稼働率は100%を続けているほど運営は非常に順調に進んでいた。
  • そんな中で、売り手側の経営者も次の人生設計として好きなことを勉強したいという思いが日々募ってきたこともあって、事業を譲渡してその資金を元手に思いっきりすることに決めた。一方の買い手側は保険薬局を展開している発展段階の会社でありながら、業務関連性の大きい福祉分野への新規参入を常に希望していた。
  • 結果として売り手側と買い手側の売却における意図がピッタリだったために、その売却に関する交渉もスムーズに行って3か月も満たないうちに売却契約締結が完了した。その後、公的機関向けの処理に幾分タイムラグが生じてしまったが、最終的に事業の売却は確定した。

 身障者共同住宅の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る