経営安定を大きな目的として、経営は続けながら、BPOサービス企業を上場済みの大手企業にへ株式を売却済。

売り手企業

事業内容
  • BPOサービス
売上高
  • 約1.5億円
売却理由
  • 企業の更なる成長のため

買い手企業

事業内容
  • 委託請負業、人材仲介業
売上高
  • 約200億円
買収目的
  • 関連業務への参入

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側は外国資本の会社をメインに、会計業務の受託や人材仲介業務などのサービスを展開し、さらにプロフェッショナル性の強い人材を取り揃えていることもあって経営も堅実に進んでいました。
  • しかし、創業経営者の考えでは、更なる企業の成長性を考えた場合、業務的に相乗効果が期待できる大企業の傘下に入った方が良いという考えから、経営者自身が企業に残留する前提で株式売却をオファーしました。
  • 複数の会計企業や人材仲介・業務請負企業などが売却の受け皿として望んでいましたが、各条件を比較した後に結果として業務請負業務における業務連携や管理部門共有化などの相乗メリットを考慮した上場会社に株式が売却されました。
  • 売り手側の創業者である経営者は、予定通り傘下企業の1つとして引き続き企業運営に携わることになりました。

 経営安定化のための事業売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る