経営を受け継ぐ者がおらず、65歳を境に第二の人生を歩むため、ヘアサロン複数店舗(業績上:約1億円)を、業務拡張を希望するヘアサロン・リラクゼーション・レストラン業務を行う多角経営企業に譲渡。

売り手企業

事業内容
  • ヘアサロン
売上高
  • 約1億円
売却理由
  • 経営人材不足

買い手企業

事業内容
  • ヘアサロン・リラクゼーション・レストラン
売上高
  • 約100億円
買収目的
  • 業務拡大による高収益化

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側のヘアサロンは複数店舗展開されていて、東京のセレブが住むエリアにて超高級ヘアサロンを2つ運営していて、その場所の良さやゴージャスなインテリア、そしてハイクオリティなメニューによってそのエリアでは非常に高いネームバリューを持っていた。
  • このヘアサロンの付加価値力もあって、売上などのも非常に安定していて経済状況も至って良好であった。それでも、この創業者がすでに60歳を超えて同級生も第一線を退いている現状を見た場合に、更なる人生の目標を達成して行きたいという意向から株式譲渡を判断した。
  • 買い手側は、ヘアサロン・リラクゼーション・レストランを運営する多角経営会社で、以前からこのような業種の事業承継による業務拡張を模索していた
  • 事務手続きで手こずる面も存在したが、買い手側の協力的な対応もあってスムーズに事が運び、経営者同士の折衝から数か月で契約完了した。売り手側の経営者は数か月の業務継承を終えて、現在は第二の人生を歩んでいる。

 後継者不在の解決策としての会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る