空調設備工事会社のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・国内における新規工場の設立件数が鈍っている
・空調施工受注における作業単価が極端に下がった
施工スタッフが慢性的に不足している
・収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
・早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

空調設備工事会社におけるM&A・事業承継の現況

日本における空調設備工事会社は、高度経済成長による工場新設や拡張などで常に需要が有り続けた分野です。しかし、2000年代に入りますと国内の生産拠点はより安価に労働集約ができる国外への転換が急速に進んで行きました。

最近は海外生産コストの上昇によって生産拠点を国内に回帰させるケースもありますが、大きな流れとして国内における成長は厳しくなって行きます。また、案件が少なくなったことにより業務単価は一気に低下して行きまして、空調設備工事だけでは経営を維持して行くのが困難となっているでしょう。

もともと、空調設備工事会社のほとんどは他に専門的な業務の請負を行って来なかったこともあって、国内におけるメーカーの設備投資が急激に落ちることによって売上をカバーできない状況が進んで行くことになっています。これによって小規模メーカー多い業界として、M&Aによる事業承継を行っていく傾向が一層強くなっているのです。

買収側の多くはビル管理を行っている業界が多く、空調設備ノウハウを引き継ぐことで収益性を高めるのに非常に大きく役に立っていると言えます。

M&Aを利用した事業承継のメリット

空調設備工事会社のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・優秀な施工スタッフのスキルが更に高められる
・基盤地域での施工レベルを維持できる
・施工済み案件のメンテナンスを引き継げる
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・空調設備に関して固定の取引先を多く確保できる
・経験豊かな施工人材を受け継ぐことができる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 空調設備工事会社の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

ページ上部へ戻る