福祉用具レンタル会社のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・レンタル取引先を増やしたいが、資金が足りない
・新しい設備を商材としたいが、キャッシュフローが悪すぎる
・競合のレンタル企業が最近増えてきて価格競争が厳しい
収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
・体力が落ちて来たので、現役から退きたい
・早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

福祉用具レンタル会社のM&A・事業承継におけるM&A・事業承継の現況

福祉用品のレンタルは、少子高齢化が懸念されていた1990年代から発展し始めていましたが、介護保険が始まったことによって用具需要が一気に高まったことで2000年代には飛躍的な成長を遂げ出しています。

一般的にレンタル会社は専門で行う業者もあれば、介護事業と並行して業務を行う業者も多くなっています。最近は規模のメリットを求める大企業が幅を利かせている傾向にありますが、規模の小さい多くの企業も現在のところは一定の売上を維持することができているでしょう。

基本的に福祉用品は非常に高価であることも多く、施設自体も用具を直接購入するよりもレンタルすることがリーズナブルなので業界に対するニーズは大変高いことが挙げられます。参入障壁自体はそれほど高くないので、非常に小規模な業者が統合されては新参入するという傾向が続いているのです。

しかし、この業界でも資金力が無ければレンタル先の様々な用具ニーズに応えられないことは明白なこともあって、業態全体的に見ると業者の大規模化が進んでいます。その背景にはM&Aによる各運営体における事業承継が進んでいると言えるでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

福祉用具レンタル会社のM&A・事業承継のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・抱えている商材の在庫を効率的に受け継いでもらえる
・得意先へ更に色々な用具を紹介できる
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・レンタル用具在庫をすぐに使えるので新顧客を掴みやすい
・営業スタッフも受け継げるので業務展開がスピーディになる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 福祉用具レンタル会社の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る