病院・医療法人のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

常勤医師が非常に少ない
看護師が慢性的に不足している
・先進的な医療サービスを提供できない
・収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

病院・医療法人におけるM&A・事業承継の現況

年々深刻化する少子高齢化の影響もあって、国はどんどん社会保障費としての医療費財源を縮小させて行っています。国民の自己負担率も増加傾向にあることもあって、医療機関が経営上に受けるプレシャーも日に日に強くなっていると言えるでしょう。

また、医療機関側も旧態依然の経営体制も影響して、現代の医療や患者のニーズに応えられていない傾向も否定できず、成長できる医療機関とそうでないところの二極化も顕在化してくるようになりました。都市部でも画期的な医療サービスを提供できない医療機関は、患者離れが深刻になって来ている傾向にある分けです。

更に近年における医師の地域ごとの偏在によって、医療行為を止めなければいけない医療機関も出て来ていて、それは地域医療にとって大きな痛手となっているケースもあるのです。個人の病院・医療法人に関わらず、医師の確保はまさに彼らにとっての死活問題なので、今の時代常に大きな問題として医療機関を悩ませています。

そんな中で医師の高齢化の進んだ医療機関になると、地域における医療サービスの継続を第一に考えることもあって、医療機関間の再編やM&Aを利用した事業承継先の模索などを行っているケースがかなり増えて来ているでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

病院・医療法人のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
地域医療を継続してもらえる
医師の良好な精神状態を維持できる
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・多くの新規の患者を受け継げる
・不足しがちな医療従事者の人材を確保できる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 病院・医療法人の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

ページ上部へ戻る