業務の高収益化を図るため、複数の飲食店舗(売上高:約3億円)について、外食分野での業務拡張を模索する人材仲介企業に譲渡

売り手企業

事業内容
  • 飲食業
売上高
  • 約3億円
売却理由
  • 創業者利益の確保

買い手企業

事業内容
  • 人材仲介・飲食業
売上高
  • 約200億円
買収目的
  • 業務の拡大

案件概要

スキーム
  • 業務売却
案件概要
  • 売り手側は飲食関係経営顧問と飲食店のフランチャイズ経営を行っていて、将来的に経営顧問業務に特化するために、フランチャイズ拠点とダイレクト経営のうち幾つかの譲渡を模索していた。
  • 買い手側は、某地域にてマンパワー仲介を本来業務として行っていたが、ここ数年で飲食業に参加して当ジャンルを特化業務と見做してポジティブにネットワーク構築を成し遂げて行くために飲食事業の買取を検討していた。
  • 売り手側は本来フランチャイズ拠点とダイレクト経営店舗どちらも譲渡を模索していたが、買い手側はダイレクト店舗だけの接収を達成したかったために、売り手側はこれを承諾して直営店舗だけの譲渡を進めた。
  • 業務売却の契約から実際の売却までの期間に、震災が発生したことで飲食事業はインフラの関係で悪影響を受けたが結果として2社の意志が固くてスムーズに事業承継は完了した。

 飲食店舗の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る