業務の成長とスタッフの労働環境の長期維持のために、不動産管理業務(売上高:約4億円)について市場拡張を模索する同業者へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 不動産管理業
売上高
  • 約4億円
売却理由
  • 他業種への業務変更のため

買い手企業

事業内容
  • 不動産管理業
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 事業拡大

案件概要

スキーム
  • 事業譲渡
案件概要
  • 関東一円で不動産管理事業を経営していた売り手側は、大きくはないものの堅実に営業を行っていたが、大企業中心の事業傾向を鑑みた場合、今後引き続き成長を維持していくために大企業への事業売却を進める方が、会社業務やスタッフ全体にとってもベストの選択を見做して最終的に事業売却に至った。
  • 買い手側は、競合地区で不動産管理事業を進めていたが、業務拡張のために同じ事業の継承を望んでいた。
  • 売り手側も経営者の身の丈に合った業務方針にて良好な経営環境にあったこともあって、複数の企業が買収を希望するほどになったものの、結果としてベストな買収条件を用意して顔合わせでも良いイメージが目立った買い手側が最終的な交渉権を掴んで、具体的な処理の後に正式に事業売却が完了した。

 不動産管理会社の会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る