服飾製造企業について、高収益性の業務に特化するためにノンコアのブランド業務(売上高:約40億円)について、新しいブランドの取得を模索する同業者へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 服飾製造企業
売上高
  • 約40億円
売却理由
  • 非中核業務の譲渡

買い手企業

事業内容
  • 服飾製造企業
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 事業分野の拡大

案件概要

スキーム
  • 事業売却
案件概要
  • 売り手側の服飾製造企業は、抱えている幾つかの商標の中で、特定の商標業務の業績落ち込みに頭を抱えていた。
    色々な解決方法を模索したが、自己の経営資源を使うだけでは、将来的に業績を一気にアップさせるのは非常に難しいと感じ、この特定の商標を他企業に譲渡することに決めた。
  • 買い手側である服飾製造企業は、多くの商標を抱えていることもあって、販売促進パワー・セールスパワー共に非常に評価の高い業者で、他企業から商標を買い取って、自己でさらに成長させることを今後の重要な1つの企業方針と見做していた。
  • 買い手側はさらに売り手側の商標におけるクライアントが、既存の商標におけるクライアントジャンルと被ることも無いということを確認できたことで買取を決めた。
  • 売り手側もM&Aによる資金調達にて、既存商標の販売促進に投入できることもあって、高収益性の商標に特化できて、買い手側は商標を最初から構築する時間を無くすことができた。

 事業の選択と集中のための事業売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る