早期退職にて第二の人生を歩むため、40代の創業経営者が運輸企業(売上高:約5億円)について、事業規模拡張を模索する同業者へ売却

売り手企業

事業内容
  • 運輸
売上高
  • 約5億円
売却理由
  • 創業者利益の確保

買い手企業

事業内容
  • 運輸
売上高
  • 約30億円
買収目的
  • 業務拡大による高収益化

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側は首都圏の農業エリアにあって主業務として収穫物や肥やしの運輸を行う運輸企業にて、オリジナル手法にて非常に迅速に車両調整を進めていて、この企業の規模と比較して驚くべき収益性を保っていた。
  • 創業経営者は50代になる前でリタイアにはまだまだ早かったが、経営者になってからの10年来は1日中休みなして会社のために没頭してきたことあって心身ともに擦り減っていて、次世代の経営的人材も存在していないために企業売却を行ってセカンドライフを歩みたいという心づもりがあった。
  • 買い手側も首都圏を基盤とする大変売上も伸びている中規模の運輸企業で、運営地域の拡張、サービス内容の充実、スタッフの管理ノウハウを指導するために競合企業の買取を模索していた。
  • 双方の経営者折衝を通してスムーズに条件などの調整も進み、最終的に互いの企業価値の評価も終了してM&Aにおける事業承継が完了した。

 運輸・輸送会社の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る