施設介護(有料老人ホーム・グループホーム)のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・介護スタッフの人材が職場に安定しない
・現在のスタッフ数では今後急増する高齢者入居者に対応できない
・収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
・体力が落ちて来たので、現役から退きたい
早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

施設介護(有料老人ホーム・グループホーム)におけるM&A・事業承継の現況

高齢者を中心とした介護業界全体から見ると、2025年には20兆円以上に成長すると見込まれています。しかし、施設介護における現場では1つの現場における介護士の定着率が非常に低く、1年も経たずに別の職場に行ってしまうことも珍しくありません。

施設介護の介護環境はその施設によって大きく異なることが特徴で、介護のしやすさが働きやすさにダイレクトに反映されていきます。しかし、毎年相当数の施設が開業しているのですが、全体的な介護従事者への待遇の低さや人材難もあって何等かの運営上の問題を抱えていることがほとんどです。

特に人材難は日本における少子高齢化もあってさらに深刻化して行くことが予想され、施設間における経営統合や事業承継を行っていかないと基本的なサービスまで滞って行く懸念も生じ始めています。

確かに、施設介護の場合は高めの資本金などが求められるために誰も彼もが参入が出来にくい分野でもありますが、上記の人材難は規模の大きい施設でも避けられないことも一般的でM&Aによる事業承継がこの業界でも当たり前になって来ているでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

施設介護(有料老人ホーム・グループホーム)のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・入居高齢者への介護レベルを維持できる
・今まで提供できなかった介護事業を提供してもらえる
・既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・流動的な介護人材をすぐに確保することができる
・既に入居している高齢者を受け継げる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

ページ上部へ戻る