教育機関立ち上げ計画を達成するために、リラクゼーション企業(売上高:約3億円)について、新商品の取得を模索するコスメ企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • リラクゼーション企業
売上高
  • 約3億円
売却理由
  • オーナー利益の回復

買い手企業

事業内容
  • 上場済みのコスメ企業
売上高
  • 約3億円
買収目的
  • 新商品の取得

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側であるリラクゼーション企業は、リーズナブルなメニュープライスでさらにハイクオリティな業務を展開している店舗を幾つか経営していて、その業績も堅実そのものだった。
  • それでも、この会社のオーナー経営者は、リラクゼーション施術技術者を育てるための養成学校を立ち上げたいという思いが非常に強く、その立ち上げのための資本とゆとりを持って行くために企業の譲渡を決めた。
  • 買い手側であるコスメ企業は、既存のクライアント向けの商品販売を除いて何らかのサービス展開ができないかを考慮していた。 
  • この企業は今回の買取によって、クライアントへのリラクゼーション業務ができるようになり、更に店舗内でのコスメ商材の小売りも期待できることで相乗利益が見込めるとして買取を決めた。その後、売り手企業の経営者は、買い手側のサポートもあって無事に養成学校を立ち上げた。

 リラクゼーション関連サービス会社の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る