技術者派遣会社のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・国内企業向けの技術者の派遣需要が急速に落ちてきている
・提携先が生産拠点を海外に移して、現地人材を多く活用している
・技術者人材派コストダウンが著しくて、登録人材数が大変伸び悩んでいる
・ライバルの技術者派遣会社がかなり増えて、管理人材が確保しにくい
・収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

技術者派遣会社におけるM&A・事業承継の現況

技術者の派遣はメインであるIT分野ばかりでなく機械などの製造技術を持つ人材の派遣も含みまして、日本における全人材派遣の3割弱という非常に大きいマーケットとなっています。派遣業務は国内企業向けもあるのですが、国内企業の海外拠点に派遣されるケースもあってかつては多くの人材が比較的高いコストで派遣されてしました。

ところが、海外製造拠点における技術コントロールも一段落したことと、現地の技術者も伸びてきたこともあって日本からの技術者の派遣件数も非常に少なくなってきています。特に中国などの新興国の経済減退の影響は非常に著しく、製造業務数自体が少なくなっていることも大きな原因となるのです。

さらに、派遣会社自体がすでに飽和状態となっていることから、営業力の無い企業体は淘汰がすでに進んでいる状況と言えるでしょう。また国内に見切りをつけた派遣企業などは、早々と海外拠点を設立して現地日系企業向け若しくは現地企業向けに営業を行っていますがその業績は決して芳しくない状況となっています。

そのため、業界再編を含めて各経営者が既存の営業基盤をM&Aを通じて事業承継を果たす動きが急速に起きていることでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

技術者派遣会社のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・登録済みの技術者人材を引き続き生かしてもらえる
・既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
・創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・低コストで優秀な技術者人材を一気に集めることが出来る
・既存顧客により優秀な技術者人材を紹介できるようになる
・大手の企業からの技術者人材需要が高くなる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 技術者派遣会社の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

ページ上部へ戻る