経営人材不足のため、保険薬局の店舗の1つ(売上高:約2.5億円)を薬局大企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 保険薬局の経営
売上高
  • 約2.5億円
売却理由
  • 経営人材不足、将来的な経営懸念

買い手企業

事業内容
  • 保険薬局の経営など
売上高
  • 数百億円
買収目的
  • 業務拡大による高収益化

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側で薬剤師としても活躍する創業者は、ずいぶん前に勤務していた薬剤製造企業を退職して、地元で市販薬を販売する薬局をオープンさせた。そして、保険薬局へ経営を変えて夫人と一緒に店を切り盛りしていた。
  • 地元の多くのリピーターを大切にするエリアに特化した経営方針が受け入れられて、近くのクリニック以外にも色々な病院からリピーターが多く来店し、良質な接客環境を持つお店として安定して成長してきた。
  • 問題はお2人の間に薬剤師のお子さんもなく、将来的な税金アップによって保険薬局の経営環境も悪化して行くことを懸念し、経営が安定しているうちに譲渡を考慮し始めた。
  • 近隣の保険薬局でも規模などを鑑みて買い手を模索したがほとんどの買い手が買収意向を示し、さらに売り手が考えるよりもさらに高い条件を提示するところもあって、結果的に売り手大企業の1つをピックアップした。
  • この買い手は今回の買収を含め、M&Aにて事業承継を進めて規模拡大していて今回は弱い地区だったこと、また買収対象の薬局が非常に良質な運営していることもあって特に買収意向が高かった。その後。株式売却と夫婦の退職金を考慮して譲渡が完了した。

 後継者不在・人材不足の解決策としての会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る