民事再生を前提に、プラスチックパーツ製造業(売上高:約10億円)を、同分野の会社が承継。

売り手企業

事業内容
  • プラスチックパーツ製造業
売上高
  • 約10億円
売却理由
  • 将来業務への懸念・経営人材の不足

買い手企業

事業内容
  • プラスチックパーツ製造業
売上高
  • 約50億円
買収目的
  • 関連業務への参入

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側は、地方でプラスチックパーツを生産する企業で、大企業をメインの取引先として業務を継続してきましたが、以前の経営者における莫大な債務が日常的な運営のネックとなり、さらに家族に経営を任せられるものが存在しないために他企業への売却を模索していた。
  • 買い手側と売り手側は業務においてライバル関係ではないものの、プラスチックパーツを生産しているということで、M&Aによって事業承継を行うことで業務拡張を望んでいた。
  • 今回の売却によって累積した莫大な債務を処理することができるのなら会社の立て直しもできるという見込みで、債権者との折衝を進めたが、結果として民事再生法による再生を見据えた株式売却になった。

 プラスチックパーツ製造会社の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る