家庭における介護のため、物流企業(売上高:約1億円)を、業務拡張による高収益化を希望する運輸・物流企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 物流企業
売上高
  • 約1億円
売却理由
  • 創業者利益の確保

買い手企業

事業内容
  • 運輸・物流企業
売上高
  • 非公表
買収目的
  • 業務拡大による高収益化

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側の物流企業は、取引先在庫のサードパーティとしての管理事業請負を主業務としていて、大企業にも利用される非常に安定した企業だった。
    これによって売上も安定的に伸ばしてきていたが、創業者経営者が家庭内における親族の体の事情や同企業の将来的な成長を鑑みた場合に企業譲渡が無難と感じた。
  • 買い手側は、運輸・物流業務を経営する中規模会社で、同じ業種で他分野へサービスを提供していた。今回M&Aによる相乗利益が期待できるとして買収を希望した。
  • 2社の経営者が交渉を始めるなり方向性も一致したこともあって。スムーズに全体の手続きも進んで行くことになった。故障を初めてから3か月ちょっとで契約が成立した。現在は売り手側経営者も早期引退して、家庭内で自分の生活に専念している。

 物流企業の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る